前へ
次へ

不動産投資のアパート経営のメリットを教えます

不動産投資であるアパート経営を行うメリットは色々ありますが、代表的なメリットはこれから挙げる2つに絞られます。
1つ目のメリットは、老後の私的年金の代わりになることです。
定年退職した後は、退職金や今までの貯蓄そして公的年金を頼りに生活をしていくことになります。
場合にはアルバイトをする方もいらっしゃると思います。
しかし、アルバイトは基本的に肉体労働になりますので歳を取るにつれて体力的にも厳しくなっていきます。
しかし、そこに不動産投資をすることで私的年金としての賃料収入が入ります。
つまり、アルバイトをしなくても毎月安定した収入が入ってくるようになりますので、老後の生活がかなり安定的なものになります。
2つ目のメリットは、相続税対策になる点です。
相続税を計算する際には預金や債券、株式などの実勢価格で評価されます。
ただしアパート経営などの不動産は、実勢価格ではなく路線価で評価されることになります。
路線価は大凡実勢価格の70%から80%で評価されることになり相続税を計算する時に優遇されます。
それによって相続税が安くなります。

Page Top