前へ
次へ

これからの不動産投資は 見直しが必要です

不動産投資で我々に一番身近なのはアパート経営です。
ですが今まで通りステレオタイプのアパートを作っていたのでは、 ビジネスは成功しません。
不動産投資の中でも一番やりやすいのはアパート経営ですが、これからのアパート経営は戦略の見直しが要求されます。
どういうことなのでしょうか。
キーワードは少子高齢化です。
これからの時代は、少子高齢化で高齢者の数がどんどん増えていきますが、若い働き盛りの世帯数が激減してきています。
今までのアパート経営のターゲットは、この若い働き盛りの世帯でした。
これからは高齢者の世代をターゲットとするアパート経営をすべきです。
どんなことなのでしょうか。
具体的な例で示しますと、例えばバリアフリーのアパートがあります。
玄関の入り口をバリアフリーにして、車椅子でも楽に乗り入れることができるようにするのです。
そうすることによって、車椅子を利用されているお年寄りたちは、楽に生活ができます。
そういう気配りを見せるアパートの経営が、今後は成功するのではないでしょうか。

Page Top