前へ
次へ

実際に不動産投資をして成功するなら

昔に比べても、不動産投資のチャンスというのは、非常に多くなってきています。
実際にこの業界に身

more

会社を退職後に不動産投資に乗り出す人たち

会社を退職後に不動産投資に乗り出す人たちが増えてきています。
つい最近のことですが、高齢者は2

more

ローンがありインフレにも対応する不動産投資

不動産投資はまとまった資金が手元になくても、ローンを利用することが可能なため少ない資金でも大きな規模

more

タイの首都バンコクで不動産投資をする

タイ王国は昔から外国人がリアルエステートを取得することについては大変厳しい国でした。
それはいっさい出来なかったのです。
その厳しさは想像を絶します。
例えばタイ女性が日本人男性と結婚したとします。
そうすればその女性もタイで土地投資や建物投資などのリアルエステートを購入できなくなるというではありませんか。
それはいったいどうしてなのでしょうか。
外国人には、たとえわずかのリアルエステートでも持って行かれたくなかったのでしょう。
それが20年くらい前に緩和されました。
コンドミニアム法というのが可決されたのです。
それで外国人でもタイで所有権が登録できるようになりました。
と言ってもコンドミニアムの全体の49%超えない範囲で外国人に登録を許したということです。
それはいったいどうしてなのでしょうか。
タイ王国は発展途上国ですから、外国の投資資本が欲しかったということに他なりません。
今でも外国人がタイ国内でリアルエステートを購入する時には厳しい審査があります。
タイで不動産ビジネスを立ち上げようとすれば、現地の会社との合弁会社にする以外に方法はありません。
現在タイ王国のコンドミニアム人気は大変なものがあります。
バンコクを中心として世界中から投資を目的とするビジネスマンたちが集まり、そこでビジネスをやっているからに他なりません。
日本も例外ではありません。
日本企業も続々とタイに進出してきており、その中心はやはりなんといってもバンコクです。
日本企業の駐在員が住んでいるのはバンコクのスクンビットエリアと呼ばれるところです。
そこのコンドミニアムは特に売れ行きが激しいです。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren3set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

極端な例を見れば、物件によっては販売開始と同時に完売されるというような物件も多数でできています。
これはバンコクで不動産ビジネスを立ち上げるのに千載一遇のチャンスではないでしょうか。
バンコクで不動産ビジネスを立ち上げるとすれば、 そのターゲットは外国人相手ではなくて、やはり日本人をターゲットとすべきです。
それでスムーズな不動産ビジネスが展開できるからです。
バンコクには4万人を越す日本企業の駐在員とその家族が住んでいます。
こちらはコンドミニアムでも購入ではなくて賃貸ビジネスということになります。

Page Top